No.5 タンポポ荘INDEX >>
[設立者] ENo.5 ポポロ・ダンドリオン

コミュニティイラスト
■お知らせ■
●イベント【レッツ、パジャマパーティ!】が発生中。
このイベントは第二十回更新まで。
ある日、ポポロの思いつきで男女分かれて大部屋で寝泊まりすることになりました。
もちろん、寝るだけじゃ終わらない!
この日のタンポポ荘の夜は、長くなりそうです――。
   ※なぜか男部屋の方だけ、女部屋の声が聞こえてくることがあるようです※

●イベント【タンポポ荘の、クリスマス!】が発生中。
このイベントは次回まで。
住人たちのクリスマスの様子を、描いてみましょう。

●イベント【謹賀新年、はなみくじ!】が発生中。
このイベントは第二十回更新まで。
ポポロたちがおみくじを配っているようです。運試しに引いてみましょう。
「<1D20>(半角で入力)」のダイスロールで、おみくじを引いたことになります。
また、キャラクターたちの新年の様子を描くのも、いいかもしれません。


■開発状況■
現在のタンポポ荘は【神殿級】です。神様のお家、ですから!
3階建て。屋上あり。住人部屋は2〜3階にあります。

●カフェバー「リチェッタ」(1階・エントランス付近)
【マスター】ピア(6)
【ウェイトレス】ポポロ(5)
【占い師】ア華ネ(1733)

●食堂「ファミーリャ」(1階・リチェッタ隣)
【チーフ】トシ(381)
【キッチン】雪菜(329) ・ ぐり(770) ・ サヨイ(1572) ・ みょん(1016)
      アンジェ(1300) ・ エシャロット(1335) ・ クロとシロ(1962)
【フロア】らすぬこ(116) ・ シトロン(556) ・ さねいま(991) ・ ボチ(1824)
     ショコラ(1820)
【カレー長】ノノ(118)

●工房「Windstille」(2階・ヴァルトの部屋と連結)
http://lisge.com/ikki/r/c/c1038.html
【親方】ヴァルト(1038)
【職人】雪華(81)
【雑工】ハディート(289)

●宝石店「エステル宝石店」(別館・外付け)
http://lisge.com/ikki/result_home.php?no=384
【店主】エステル(384)

●調剤薬局「Proserpina -プロゼルピナ-」(1階・左手奥)
【局長】ロロム(403)

●設備一覧
魔導エレベーター(室内)
50m温水プール(外・裏庭)
中規模菜園(外・右手)
花壇(外・右手)



■概要■
タンポポ荘、それは空飛ぶ家。
一揆で疲れたそこのあなた、野宿なんて嫌な乙女な彼女、実は寂しがりやな彼氏。
タンポポ荘は「暮らしやすい一揆」を目標に、あなたの一揆生活をサポートいたします!
住人になるのはコミュニティに参加するだけ! とっても簡単です!
新しい入居者をいつでも、どこでも、だれでも、募集中!

住人のみなさんの力によって、タンポポ荘は変化していきます。
家が大きくなったり、施設が増えたり、ワイワイ笑って、ときには問題が起こったり。
お祭りみたいな日常を、一緒に過ごしましょう。

――タンポポ荘家訓――
みんなが家族! 明るく楽しく元気よく!



■取扱説明書■
別ページにて、ルールや設定資料を掲載しています。御一読下さい。
→http://dearcolts.com/ikki/tanpopo.html

その他、イベントの提案・質問・相談・感想などがあればホームをご利用下さい。
住人の誰かを中心としたイベントを、こちらから提案することもあるかも。
ホームは定期的にチェックしてくれると助かります。
→http://lisge.com/ikki/result_home.php?no=5



参加者からのメッセージ

ポポロ(5) からのメッセージ >>

   *

 喧しいほどの歓談の中に、あくびをする者が出てきた。
 なんせ日中は激しい攻城戦を繰り広げているのだ、一揆が開始してずいぶんと経つが、それでも疲れるものは疲れる。

 しかし誰かが船を漕ぐたびに、隣の誰かが肩を揺すって起こすのだ。

 ――さっさと寝ればいいのに、誰もそうしようとはしない。
 いつもよりちょっぴり夜更かしなタンポポ荘は、いつもよりちょっぴり、笑い声が響いている。

   *


■  レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】  ■

ポポロ >>
水がこう、くぅ〜〜っと
根っこから迫り上がってくる快感がたまりませんよねえ

 なんか話が通じる者が結構いるせいか、普通に会話が成立している。
 そして、アムルの羨望の眼差しに気づいて、

ポポロ >>
アムルさんも大好きな人にいろんなものを貰えば、
ポポロみたいにおっきくなりますよっ

 そう言いながら、がばーっとアムルに抱きつくポポロ。背の低いポポロにとって覆い被さるような抱擁が新鮮なのか、楽しそうである。
 あと、なんかいろいろと柔らかい部分が密着している。

ポポロ >>
お城ぐらいにおっきく!

 それは、無理だと思うな。

――――>>>

 水槽の中で寝ようとする人(?)たちと言えば、

ポポロ >>
ポポロは濡れてもすぐに水分を吸ったり弾いたりできるので、
このままでも問題ありませんよ
そのパジャマも似たようなことができます!

 なんでもありだな花の神様。

ポポロ >>
三人で川の字になって寝たいですねえ

 普通の人が見たら、ちょっとドン引きしそうな絵面になりそうである。

ポポロ >>
あ、ポポロは真ん中がいいです!

――――>>>

ポポロ >>
スイーツは可愛いですよねっ

 どうやら見た目のことを言っているらしい。

ポポロ >>
ばれんたいん……確か、本命と義理という区別をしてるんですよね

 ポポロもピアさんにあげてみましょうか、と呟く。
 そして笑みを深めて、

ポポロ >>
それにしても、結構みなさん意中の方はいない感じなんですねえ

ポポロ >>
なんというか……もったいない気がします!

――――>>>

ポポロ >>
あっ、パンダさんがいます!

 布団に転がってるパンダにダイビング抱きつき。
 なんかデジャヴである。
 ポポロは背中にしがみつき、強引に身を起こさせる。ちょうどおんぶみたいな形である。

ポポロ >>
さあいくのですパンダさん!
枕投げしてる人をどいつもこいつも薙ぎ倒しましょう!

 眉を吊り上げてそう言い切るポポロの手には、なぜかぺルが鷲掴みにされている。
 どうやら枕と勘違いされているようだ。

ポポロ >>
たーっ!

 投げたぁー!!

――――>>>

ポポロ >>
あ、ミーシャさんおやすみなさーい!

 立ち去る者に手を振りつつ、ア華ネの体験談とやらを耳ざとく聞きつけて、

ポポロ >>
わあ、面白そうですねっ
ア華ネさん、是非聞かせて下さい!

ポポロ >>
では……暗い場所なう、です!

 そう叫ぶと、空中からいきなりテントが落ちてきて、ポポロとア華ネ、そして周囲にいた者を巻き込んで覆い被さり、真っ暗な空間ができあがる。
 ――まったく聞く気がなかった者も巻き込まれているようだが、いいのだろうか。

ポポロ >>
さあ、いってみましょう!

 どこからともなく現れたロウソクに火がつく。ノリノリである。

――――>>>

■  ところ変わって、男部屋  ■

 虚空に向かって叫ぶ社長の視線の先に、普通じゃないものが映ってる。

ポポロ >>
(ドドドドドドド……!!)

 それは、壁の中から現れたポポロの手(だけ)だった。
 ポポロの手は親指立てながら、まるで溶鉱炉に沈んでいくようにその姿を消していく。

■  戻りまして、女部屋  ■

ポポロ >>
邪悪な気配?
男性陣も、とっても楽しそうにしてますよ!

 すげえいい笑顔だった。

<<<――――



■  タンポポ荘の、クリスマス!  ■

ポポロ >>
めりーくりすまーす!

ポポロ >>
今日のリチェッタは豪華ですよ!
ファミーリャのみなさんに、おいしそうなものをたっくさん作って貰いました!

ポポロ >>
ついでに、料理を運ぶみなさんにはサンタさんの格好もしてもらいました

 いつものリチェッタよりも店内は広いが、それでも住人全員がクリスマスパーティに参加しているわけではないようだ。
 さて、各々のクリスマスの様子を、見てみよう――。



■  謹賀新年、はなみくじ!  ■

ポポロ >>
あけまして、おめでとうございまーす!

ピア >>
……おめでとう

 笑顔のポポロと、仏頂面のピアがタンポポ荘の住人たちに挨拶をして回っている。
 ポポロの両手には「おみくじ」と書かれた木箱が、抱きかかえられていた。

ポポロ >>
これはポポロとピアさんが手作りで作ったおみくじですっ
とっても素敵なので、引いてみてください!

ピア >>
たいしたことは書いてないからな
変に期待はするなよ

 そんなことを言いながら、住人たちにおみくじを引かせる二人の姿があった。

【はなみくじ】
 ポポロたちがおみくじを配っているようです。運試しに引いてみましょう。
 「<1D20>(半角で入力)」のダイスロールをすることで、おみくじを引いたことになります。
 おみくじの内容?
 それは、次回のお楽しみです――。



■  ミモザ(83)  ■

 ミモザの呼び声に、間を置くことなく妙にカラフルな格好をした少女が小走りでやってくる。

ポポロ >>
はーい! いらっしゃいませー!

 その声色は、ミモザがこの場にいることにまるで疑問を感じていないようにも聞こえた。
 少女は花のような笑顔を振りまきながら、勝手に言葉を続ける。

ポポロ >>
ここは一揆参加者のみなさんに住居を提供しているタンポポ荘ですっ

ポポロ >>
あなたも入居希望者ですか?

ポポロ >>
家賃等はいりませんから、是非ポポロたちと一緒に暮らしましょう!
これが、あなたのお部屋の鍵ですよ

 などと、ものすごい勢いで捲し立てて少女はミモザに向けて鍵を投げてよこす。
 ――空中を舞うそれは、先ほど見たタンポポの綿毛によく似ていた。


ピア(6) からのメッセージ >>

■ レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】 ■

ピア >>
……

ピア >>
ポポロの奴…また変な服を用意して…。まぁ、いいけど

ポポロの用意したアニマルパジャマに身を包む住人達を見て、ピアはまた眉根を寄せた。
…あれは『着ぐるみ』というんじゃなかったか?

ピア >>
…ん?ああ、なんでも…それでこの茶碗をどうするって?

視線を茶碗とサイコロに戻す。
ツヅミを囲む人の輪の中で説明に耳を傾けていたピアは、やがて納得したようにダイスを握った。

ピア >>
…ツヅミは11、か。それより高ければいいんだな?

ピア >>
18が最高なら…まだ目はあるさ。…振る

ピアはダイスをふった。
1D6 = 5 ( 5 ) 1D6 = 6 ( 6 ) 1D6 = 5 ( 5 )


――――>>>


突然あたりが暗くなった。

ピア >>

ピア >>
…消灯時間か?

きっとポポロのせいだろう。
どこから持ってきたのか、火のついたろうそくを掲げているポポロを見つけた。
…何をしているんだろう?



■ タンポポ荘の、クリスマス! ■

ピア >>
…ああ、お前も来たか

また一人リチェッタを訪れた住人にピアはシャンパングラスを渡す。

ピア >>
むこうにクリスマスツリーもある。
…まぁ、見てけ。飾りつけには時間がかかったんだ



■ 花壇・菜園、ロロム(403) ■

カカシ? >>
…他の野菜と混ざると危ないらしいからな。他とは分けて植えておけよ

そう言うと案山子は傾いていた身体を起こし、その場に直立する。

すると…背後から人がでてきた

ピア >>
しかしお前、いろんな種持ってるんだな…他にはどんなのがあるんだ?

案山子を操って?いたのは彼女だったらしい。
興味深そうな口調でそう言うと、近づいてくる。


■ サイネル(380) ■

ピア >>
注意点…か

ピア >>
…ああ、ここは地上よりも日当たりが強いからな

ピア >>
帽子は有効だ。麦藁帽子だとなお良い。つばが広いからな



■ シトロン(556) ■

ピア >>
お前の幼馴染…そうか

ピア >>
…その口ぶりでは、わたしとはやはり初対面だったようだな

ピア >>
妙に馴染んでるくせに、見覚えがなかったからな…あいつ



■ ア華ネ(1733) ■

ピア >>
…!

ピア >>

ピア >>
…ウサギゴケの育て方を知らない。…出来るか?わたしにも


アムネジア(40) からのメッセージ >>
>レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】
アムネジア >>
恰好いい……ううむ、格好いいとは……
頭の中ではビオ○ンテを想像している。
彼女にとって最高の触手生物であった。

アムネジア >>
うぷっ!?
横合いから飛んで来た枕がクリーンヒットしたようだ!

アムネジア >>
おのぉれー!
今ぶつけたのは誰だー!?
きゃっきゃと笑いながら投げ返す!


>ハディート
アムネジア >>
王には王の意図があるようだが……。
しかして王である以上、民の生活を脅かしてはならぬもの。
理由も明かさずネクターを取り上げるだけではな……。
せめて嘘でも、民が納得できるような理由を布告しておれば良かったのであろうがな
アムネジア >>
環境の違い、というやつであろうか。
空気や土壌、或いは他の何かに、余所の世界には存在しない成分でもあるかもしれぬな。
其れが存在しない世界では、決してネクターが育てられぬのであろう
アムネジア >>
おお、参考になったようで嬉しいぞ。
字が書けなくても絵で表現することもできようしな!
アムネジア >>
ふむ……汝は家の周辺から出たことが無かったのであろうか。
其れではこの遠方での、しかも一揆という状況。心細かろうな。
悩みごとなどあればいつでも言うのだぞ。相談に乗るゆえな

不死王の娘レーネ(50) からのメッセージ >>
 ■  レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】  ■
レーネ >>
……なんだか、きぐるみが増えている……?
レーネ >>
ってへぶぁ!?
レーネ >>
枕投げは激化する。
当然のようにレーネにも枕は直撃して、思いっきりもんどりうって布団の上にぶっ倒れた。
飛んでいくナイトキャップ。
レーネ >>
……あ、あれ?
ナイトキャップ……、あ、あった
レーネ >>
ってへぶぁ!?
レーネ >>
枕投げは更に激化する。
飛んでいったナイトキャップを拾い上げたレーネの顔に枕が直撃、レーネはまたもんどりうって布団の上にぶっ倒れた。
飛んでいくナイトキャップ。

シャルロッテ(55) からのメッセージ >>
 ■ レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】 ■

シャルロッテ >>
そうですわね
同性だけの集まりっていいものですわ〜
うふふ、うふふふふ‥‥

シャルロッテ >>
美味しいケーキ屋さんですの!
是非ともチェックしにいかなければなりませんわね
シャルロッテ >>
バレンタイン‥‥
皆さんも渡す相手がいるのかしら?

シャルロッテ >>
ミモザさん、どうかしら
サイズは合いまして?
シャルロッテ >>
まぁクーリアちゃん♥
なんて可愛らしい格好を♥

シャルロッテ >>
あら、こちらのパンダさんはどなたかしら‥‥?
もしも〜し、貴女はだぁれ?

 そう言いながら、きぐるみパンダさんを指でつんつんしています

ミモザ(83) からのメッセージ >>
■ レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】 ■

あれよあれよという間に、参加することとなってしまったパジャマパーティ。
服はひとまずロッテちゃんのネグリジェを借りた。……肩とか背中とか出てるけど大丈夫だろうか。
何をどうしたものか、どこからどう話の輪に加わってみればいいのやら――。

ぼす。

ミモザ >>
……?

そう考えながらぼんやりと喧騒を見ていた私の横に、枕がひとつ飛んできた。
危なかった。すっかり油断していたが、当たっていたら結構痛かったはずだ。
そうだ、とりあえず。

ミモザ >>
えいっ

この枕を投げ返してみるところからでも、始めてみようか。

マイラ(104) からのメッセージ >>

 ■  レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】  ■

ねこパジャマを着てなんだかごきげんな万已楽ちゃんは
パンダきぐるみでごろごろしている人物を興味深そうに眺めている

(抱きついてみたくてそわそわしている)
エヴリーヌ >>
万已楽……万已楽は重いから駄目

talk->シトロン(556)

マイラ >>
ん?この子はエヴリーヌって言うのですよ

 ミシミシ聞こえてた割には平気そうな顔をしている

エヴリーヌ >>
エヴリーヌ……です
こんな格好で…すみません……

    - - - ---

talk->ポポロ(5)

エヴリーヌ >>
不慮の…事故?

 万已楽のほうに少し視線を送る

マイラ >>
だからそう言ったじゃないですかー!

エヴリーヌ >>
それならいい……
エヴリーヌ >>
一般的なお姉さんは……よく、知らない…

らすぬこ(116) からのメッセージ >>
■レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】■
 
らすぬこ >>
んー・・・気になる異性ならビスさんかねぇ。
物腰はやわらかですが、精神的にすっごく頼りになると思うよー?
らすぬこ >>
まぁ、好きな人だけど。恋愛感情かは自分でもわからないねぇ。
あ、お酒おかわり〜。
 
 一瞬で酔いつぶれたロリカを膝に起きつつまったり晩酌モードである。
 
 
 
■レッツ、パジャマパーティ!【男部屋】■
 
マキリ >>
フッ・・・伊達におっぱいばかり見てきてないサ。
あ、オレ酒ダメなんで助かるッス。オットット...。
マキリ >>
ストーン!!なのが逆にそそられるんッスヨ。
胸は揉むだけじゃないッスからね・・具体的には・・・[ピー]とか[ピー]とか・・。
マキリ >>
あ、コレほんと大丈夫なんスよね。ポポロさんこれ大丈夫なんッスよね。
きっと大丈夫ネ。皆、後に続くネ!!!
(おいおい、皆守りにはいってんじゃねーぞ!!)


男部屋の夜は更けていく……

アムル(118) からのメッセージ >>

■■レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】■■

>>>お着替え用パジャマボックス

アムル >>
えっ、こ・・これは・・・?

ボックスからとってきた、アニマルなもふもふパーツつきパジャマを手に動揺するアムル。
ちょっと子供っぽいというか、あざとさを狙ったようなその衣装は、真面目なアムルが着るのは抵抗があるのです。

アムル >>
でも・・・

楽しそうなパジャマパーティー会場を見て、加わりたいという気持ちの方が勝ったわけで。

アムル >>
それじゃ、こっそりと・・・

ごそごそと、部屋のすみっこで、みんなが気づかないうちにと着替えはじめます。

アムル >>
う・・・これ、ちょっとおっきい・・・です。

大きすぎて脚とか引きずっちゃいそう。
衣装を四苦八苦しながら着替えているうちに、時は過ぎていってしまうのでした。



■■ポポロ(5)さん■■

アムル >>
クリスマスとか、お正月というものはだいたいそんな感じらしいです。

わたしが育ったところでは、なにかと戦うイベントと決まっていたのですけれど、
一般的にはどちらかというと、平和に過ごす催しらしいですね。

某所ではとりあえずイベント戦闘でした。

アムル >>
クリスマスは・・・どう考えても間に合わないですから。
なにか、お正月にでも、またなにかタンポポ荘でイベントはできないかなと・・・そう思いまして。
アムル >>
皆さんとそういう催しをするのは、
一人ですごすより、たのしいですから。
アムル >>
なにか催しをするなら手伝いますので、考えておいてくださると嬉しいです。

ぜひ、と重ねてお願いしつつ。

アムル >>
あ・・・なるほど、管理人さんは、信仰から生まれた神ではないんですね。
知識ではそういう方もいらっしゃるとは聞きましたが・・・はじめて見ます。
アムル >>
あ、いえ、単に、お正月には初詣というイベントがあって・・・

と、尋ねた理由を説明するのです。

アムル >>
せっかくですから、ここでオミクジをやったりしたらどうでしょう?
ああいうのは気分ですし、管理人さんのご利益があるかもしれませんし。

そんな提案をしてみるのでした。



■■ハディート(289)さん■■

アムル >>
そうですね・・・わたしのお母さまは、色んな意味で素早かったです。
ハディート君みたいな、かわいい子にはちょっと合わせられないような・・・ 
アムル >>
・・・いえ、今のは忘れてください。

ちょっととんでもないこと言いそうになってたのに気付いて、慌てて目をそらすアムルです。

アムル >>
・・・家族のことになると、口がゆるんでよくないです。
その、とりあえず、元気すぎるぐらい元気で、みごとな反面教師でした。
アムル >>
そうですね・・・お姉さん、というと。
ちょうど、アムネジアさんとか・・・

こちらの世界にきてから、お世話になっています。
身の上に似たことがあるので、相談にのって頂いて。
アムル >>
ですから、今はわたしにも、ハディート君と同じで、尊敬できるお姉さんがいる・・・と思います。
ハディート君にも、こちらで知り合った方に、そういうヒトはいませんか?

そういう人が、お父さんやお母さん、兄弟の代わりになってくれてるんじゃないでしょうか、と。

アムル >>
・・・そうですね。
ハディート君がそう言うなら、少し、考えてみるようにします。
アムル >>
でも、やっぱり、だれにも言えないくらい恥ずかしいことはあるので・・・
そういうものは、言っていい人にだけ・・・ということで。

じっと我慢したくなることだって、あるんです、と、恥ずかしそうに言うのでした。



■■エル(463)さん■■

ノノ >>
たーんとめしあがれ、なのです!!

オーバーリアクションしてくれるお客様二人に、嬉しそうに応えるカレー妖精。
カレー妖精には、料理のリアクションこそ最大のご褒美なのです。

ノノ >>
あつあつのハンバーグに、とろーりチーズをいれた、ぜっぴんのハンバーグなのです!
ピリリと辛いカレーと、ハンバーグの肉汁、それにチーズのハーモニーを召し上がるのですよ♪

とか言いながら、お仕事さぼってお二人が食べる姿に夢中のカレー長なのでした。



■■ジャック(970)さん■■

アムル >>
冬だからでしょうか?
じゃっかんですが、ジャックさまのふわふわさが増しているような・・・

ちょっとした毛玉状態に。ふわふわあったかそう。

アムル >>
もぅ・・・ジャックさま、からかわないでください。
ホントに恥ずかしかったんですから・・・

ぷくっと膨れてみたり。

ノノ >>
注文には応えて! 予想をこえるのが、カレー妖精なのです!
さぁ、たっぷりボリュームのハンバーグカレーをどうぞなのですよ!!
アムル >>
・・・あきらかに、ジャックさまよりハンバーグの方が大きいような。

こんなに食べられるんでしょうか。わくわく。



エリア(143) からのメッセージ >>
エリア >>
よし、これで堂々とパーティーに出られるよ…!

エステルから借りた浴衣っぽいパジャマに着替え、いそいそと廊下を歩く。
ようやくパーティーに参加できる!

エリア >>
さて、どんな話をしているんだろう…。
エリア >>
へ…?

部屋に入った途端、何か大きなものが顔目がけて飛んでくる!
まったく反応できずにそのまま命中!

エリア >>
ふにゃっ!?

何が起こったのかさっぱりわからない。
顔面に張り付いた枕がずるずるっと滑り…足元に落ちた。

視界が開けると、そこには壮絶な枕合戦が…。

エリア >>
こ、こ、これは一体…?


>ア華ネ
エリア >>
あ、どうもありがとう。
でももう、パジャマ借りちゃったから…。
エリア >>
ん…?お魚と、エビ…?
エリア >>
な、なんだろう?
こんなパジャマに興味ないのに、何かがすごい引っ掛かる…?
エリアではなく、『中身』が反応しているようだ!?

クロエ(234) からのメッセージ >>
■  レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】  ■

クロエ >>
お話に夢中になってて気がつかなかったけど、なんか混沌としてる感じなのね

 クロエはお茶を飲みながら、ときたま飛んでくる枕を拳でガードしている。

クロエ >>
タンポポ荘の住人でステキな方? うーん……

日中いないことが多いからか、まだよく知らない方のほうが多いんだよね

 クロエはタンポポ荘の男性陣を思い浮かべようとするが、もやもやでうまくいかないようだ。


>ロベリィ(169)さん
クロエ >>
一揆カップル! なんかいい響きかも

王子様いいね! 私は前に本で読んだ、砂浜を白馬で駆ける感じの人がいいな!

>ベル(1107)さん
クロエ >>
姉妹にジョブチェンジって、そんな本を読んだことあるかも!

なんか『お姉様!』とか言ってたの、そんな秘密があったんですね!

どっちが姉でどっちが妹とかは、やっぱり年齢とかで決まるのかな……

クーリア(280) からのメッセージ >>
サフィニア >>
へえ…いいところに住んでるのね?

クーリア >>
はい! 素敵なところですよ!

サフィニア >>
それじゃあ、とりあえず管理人さんに挨拶しにいきましょう

クーリア >>
あ、あっちに居ますよ

クーリア >>
ポポロさ〜ん!


---

 ■ レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】 ■

クーリア >>
こ、コイバナ…?

クーリア >>
なんだか聞いているだけでちょっと恥ずかしいですね…

クーリア >>
そういえばロッテちゃんは…好きな人とか居るのかな?


クーリア >>
わぷっ!?

 どこからか飛んできた枕が顔に直撃する。

クーリア >>
ど、どこから…

クーリア >>
わふっ

 キョロキョロしている間にもう一発

クーリア >>
ふぇぇ…

 次々と枕の流れ弾が!

ハディート(289) からのメッセージ >>
■  魁!パジャマパーティ【男部屋】  ■
ハディート >>
……ん?なんかさむくなった?
クイト >>
大丈夫か?もう少し近付くといい
ハディート >>
ありがとう、クイト。パアルもこっちおいで?
パアル >>
……
ハディート >>
お布団かけたらもっとあったかくなったね

>エシャロットさん
ハディート >>
うん……約束したんだ。おうちに帰るって……だから、大丈夫
ハディート >>
ありがとう、お姉ちゃん
感謝する顔はやはり笑顔だった。
ハディート >>
そうなんだ。お肉とじゃがいもとたまねぎとにんじんと……お料理が上手な人じゃないと、
むずかしそうだね。でも、うん。おいしそう……へー。にほんって言う国の、なんだ。にほん、か……
ふんふんと真面目に説明を聞いている。
ハディート >>
……えーっとね?その……ぼく、肉じゃが食べたくなってきちゃった……
あ、お姉ちゃんが時間ある時でいいよ?あ、えと、他に作れる人が居るかもしれないし、
お姉ちゃんに作ってって言わなくても大丈夫、かな?
案の定、説明を聞いていく内に食べたくなってしまったようだ。
だが、あまり作らない。時間が掛かると聞いたため、わたわたとし始める。

怪傑X(380) からのメッセージ >>
■  レッツ、パジャマパーティ!【男部屋】  ■

サイネル >>
なんかヤベェ奴がいるな……

しかし…一緒に盛り上がる事を考えてやると言った手前、こういったイベントを避けていては仕方ない。

本日10本目になる瓶入りの酒を飲み干し、立ち上がる。
空っぽから更に搾り切った後の気力を振り絞り、せいいっぱいの……

サイネル >>
わかってねーなテメェら形を気にするのは最もだが………重要な要素を見逃してんぜ。感度、感度だよ。感度は大事だろうが。実際に触った時の反応が楽しめてようやく二流なのさ。考えてもみろ……同じような写真でもいかにも感じているような表情をした写真のほうがずっと臨場感があって興奮するだろう?実際に見比べてみろよ。ほら。……ダメだな。どうせならもっと表情のある写真集が欲しい。もうこの他にねーのか?なあ?おっぱい談義するんだろ?なあ?ここまで俺達を駆り立てておいてそれで終わりなのか?

酔いの醒めた本人が知れば望むだろう。
この事はどうか忘れて欲しいと。今までのようにありたいと。


■ エル(463) ■

サイネル >>
OK。お前の部屋の番号を教えろ。今後はそこを避けて通る。




トシ(381) からのメッセージ >>
■ レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】 ■

>シャルロッテ(55)&ルイーズ(1690)

相も変わらずピンクの霧を頭から沸かせているトシであったが、
飛んできた枕に……


                        [  ]= [  ]=

?           [  ]= [  ]=

 [  ]= [  ]=

あっふん
Critical Hit!!
Critical Hit!!
Critical Hit!!
Critical Hit!!
Critical Hit!!
Critical Hit!!


気付くのが遅れ、顔面にどストライク!

枕の勢いを殺し切れず、勢いそのままに仰け反る。
もう少しでブリッジが完成するかと思われた……


……が。




………ぐぐ。




……ぐぐぐっ。




………ぐぐぐぐぐっ。




しゃきーん!!

何と、寸での所で堪え切り、あまつさえぶつかった枕を顔に貼り付けたまま持ち直したではないか!

そして、張り付いた枕を横に放り出す。

トシ >>
んもう、手荒い歓迎だわぁ。
アタシだってか弱いヲトメなんだから、もう少しソフトにお願い、ね?
アナタ達なら解ると思うけど、顔はヲトメの命なのよぉ?

しかし、トシが言うとどうしても『漢女(ヲトメ)』としか書けないように聞こえるのだ……

トシ >>
それに、出てけって言われても……
アタシが男部屋に行って、アタシの性欲のタガが外れたら余計混乱するけど……
最悪、明日は多分1日男子のお尻が使い物にならなくなるわよ?
ルイーズちゃん的にはどっちが良いと思う?

一応男連中に気を使ってはいるようだ。

宝石少女エステル(384) からのメッセージ >>
◆レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】◆

高速枕投げに参戦したエステル。
とはいえ既に枕はもう持っていない。
残弾なしの彼女はどうなるのだろうか。


エステル >>
ん、ん……?
格好いい、ですかー。

ふと手を止めて考えこむ。その間飛んでくる枕を避け続ける。

エステル >>
霜月さんとか、格好いいと思いますねっ!

割と大きな声で喋ってしまったことに多少顔を赤くしつつ。

とはいえ、現時点ではただの感想だ。

>>レーネさん(50)

エステル >>
んー、相場より安くしてますからねっ。

安いどころの話じゃない気もするが本人が気付いていない。

エステル >>
もし他の宝石も欲しいのがあったらいつでも来てくださいね?
手入れとかの相談も受けますよー!
エステル >>
ん、それと……日光にはできれば気をつけてあげてくださいね。
アメジストの紫色って、あんまり日に当ててると色変わっちゃいますから。

とはいえ、その色の変化を眺めるのもなかなか良いもんですよ、と付け加えて。

>>エリアさん(143)

エステル >>
勿論ですよ、どうぞどうぞっ!

浴衣のようなパジャマを手渡す。

エステル >>
私が着るには、ちょっとそれ……
ゆったりしすぎてるんですよね……

視線は自身の胸元へ。そっとしておこう。

エステル >>
ん、そういう訳で……もし気に入ったらそのまま貰っちゃってくださいね?

ロロム(403) からのメッセージ >>
■  レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】  ■

(ふえる空飛ぶ枕を眺めながら―)
ロロム >>
…どうせ投げるなら、バクチクでも投げればいいのに。


>>ロベリィ(169)さん
ロロム >>
ろべりん、よっろしく〜☆
ロロム >>
いいカオリはいいクスリ!
ろべりんのカオリは…ハーブ?
ロロム >>
あたいのシャンプーは、ハーブでつくったのだよ!
"カオリのたつじん瓩伐颪辰討ら〜いろいろ試してるの!


■  調剤薬局プロゼルピナ  ■
ロロム >>
まいど〜♡
ロロム >>
「フツーなかんじのせっけん」ができそう!
あとね、「森っぽい」かも?
ロロム >>
もうちょっとだけ〜せっけんの材料、募集中〜♪

石鹸の材料を まったりと 募集中なのです!
以下、bot気味に頂戴品の吟味デース

「牛乳」「マーガリン」
ロロム >>
まいど〜♡
せっけんといったら白!ミルクとかだよね〜
ロロム >>
でもせっけんには、ミルクはあんまり関係ないんだって!
ふしぎ〜!

「アップル」
ロロム >>
きゃっほ〜♡
まいど〜♡
ロロム >>
いいせっけんはいいカオリ〜
食べものを食べる以外でつかうのは、とっても贅沢!

「アホ毛」「光る妹」
ロロム >>
まいど…

ロロム >>
… … …
え〜っと…それは触手?
ロロム >>
よくわかんないけど…元気そう?

光る妹はおつかいと誤解して、部屋に戻るようにうながしました。
せっかくなので、お土産を手渡してみます

【お土産】
シャンプーの試供品。
特別な効果はなにもない、普通のシャンプー。
特に罪はないのに、「期待はずれ」と責められる日々を耐え忍んでいる。


エル(463) からのメッセージ >>
■ レッツ、パジャマパーティ! ■

エル >>
どのぱじゃまがいいかなー?

ごそごそ

Lipara >>
いろんなのがあるな…

エル >>
お、コレなんか良さそう!
Lipara >>
…正気か?

エル >>
着てくるねー✿

〜数分後〜

エル >>
おまたせー✿
Lipara >>
こええよ!
エル >>
???

Lipara >>
なんでこんなリアルなのがあるんだ・・・?

伝説の傭兵ギラ(465) からのメッセージ >>
(パンダのきぐるみパジャマで徘徊中)

>ヴァルトさん
きぐるみぱんだ >>
そうか、匠の道もひ…
!!

〜間〜

ギラ >>
そうか、匠の道も一筋縄ではいかなさそうだな…
ギラ >>
こういう世界での出会いもひとつの縁だ、
いずれ貴様の鍛えた武具で戦いたいものだな

飴造(493) からのメッセージ >>

>ジャック(970)

ラゼル >>
あら、ちゃんと解ってるんじゃない。超絶可愛らしいラゼルちゃんだもん。それに相応しい呼び名じゃなきゃダメだと思わない?

ラゼル >>
本食いって種族名の事だったのね。紛らわしいわね
ラゼル >>
食べた物は魔力か何かに変換されてるのかしら?
ラゼル >>
だけど食糧確保は大変そうね。どれだけ食べるか知らないけど

ラゼル >>
なんだか凄く使い勝手の悪そうな魔法ね。そんなんだったら、少食の魔法とかの方が便利そうじゃない?あるか知らないけど

 ■  レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】  ■

両手を器用に使い、ずずずと音を立てながらお茶を啜る
ラゼル >>
今更だけど、変な人ばっかりね
ラゼル >>
そういえば、ここに住んでる男ってどれくらいいるのかしら?

 ■  レッツ、パジャマパーティ!【男部屋】  ■
>自称社長(1475)

飴造 >>
確かに、あの家主は理解はしないだろうが…いや、もういい。邪魔をして悪かったな。後は好きにやっててくれ
念を押すように叫んだ後、より一層盛り上がる姿を見て、何かを諦めたらしい。新しい酒を拾うと隅の方に移動し、瓶の蓋を開けた

シトロン(556) からのメッセージ >>
■レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】■
まくら投げはまだ続いていた…
シトロン >>
これでどうかしら!
シトロン >>
必殺エルドラドシュート!
5つ同時に投げる光に帯びたその枕はまるで流星のようであった…
フレーズ >>
あぶなっ!
これをギリギリ回避するフレーズ…
すると飛んでいった枕は…
ミルティーユ >>
痛っ!
入って来たミルティーユにぶつかった!
シトロン >>
あ…ッ!
内心しまったと思っているシトロン
フレーズ >>
ありゃ…!?
内心やべぇと思っているフレーズ
ミルティーユ >>
………。
内心呆然としているミルティーユ

こんな感じであった…。

>>エステル(384)さん
シトロン >>
あぶなッ!
間一髪で回避!
シトロン >>
仕返しよ!必殺トロイメライ枕投げ!
高速回転がかかった枕はまるでSPを削るかの如くのシュートであった…!

>>ギラ(465)さん
フレーズ >>
ちょっと!そこのパンダさん!怪しいですね!
その被り物を取らせていただきましょうか!?
まるでそれは警察のようであった!

マクリオン卿(603) からのメッセージ >>
■  レッツ、パジャマパーティ!【男部屋】  ■
マクリオン卿 >>
まったくおっぱいおっぱいと盛り上がっていらっしゃる方々が……
マクリオン卿 >>
自分の好んでいるので言えたものではないのですが

ツヅミ(882) からのメッセージ >>
■ レッツ、パジャマパーティ![女部屋] 恋の説教 ■
ツヅミ >>
おう、これはなかなか恐ろしいことになってきたのう。

 眼前に飛んできた枕を、身体をそらして避けた。
 背後で「みぎゃっ」という叫び声が聞こえた気がするが、きっと気のせい。

にしても、案外と「恋」を識らぬ者が多くてビックリするわい。
恋を鯉に誤解するとか、なんというお約束じゃ。
じゃが、わざと誤魔化しているのでないならば、もったいないことぞ?
――よいか、女は恋することによって自分に磨きが掛かるものよ。
心にふと思い浮かぶ相手が在らば、平時でも、じっと見つめてみると良い。
胸が熱くなり、動悸が激しくなってきたら……、それが、恋の病じゃ。

 くかかっ、と笑い、恋の講釈をする婀娜狐。

ん? 男性同士の絡みを見ると鼻息が熱くなるのも「恋」か、とな?
……あー、ええと、まあ、それもたぶん恋じゃな。腐っておる気もするが。
男部屋を想像するとむらむらする? 落ち着け。それはもう手遅れじゃ。

≫アムル&ノノ(118)さん
 気落ちする少女に気づき、「ん?」と首を傾げる。
 しょげる理由に思い当たらないようだ。

ツヅミ >>
むう。年頃の乙女にこの方法は、刺激が強すぎたじゃろうか……。

 見当違いの方向で悩み。

≫トシ(381)さん
ツヅミ >>
ちょ、ちょちょっと待つのじゃ!? お、おぬし、その服装は――!?
……な、なんじゃと? オネエとはオトコではないのか? そ、そうなのか……。

 シースルーの黒ネグリジェに圧倒されるツヅミ。ゴホンと強い咳払いをして立ち直り。

そうじゃな、心が女であらばたぶん問題なかろう。
うむ。滾る思いをそっと押し当てて、相手の心をドキドキさせるのよ。一種の吊り橋効果じゃな。
え、お尻に? う、うん? おかしいぞよ。なにか話が噛み合っておらぬような……?

 ハテナマークが頭上にたくさん浮かぶ。長く生きた狐も、そっち方向の知識はうといらしい。

≫ロベリィ(169)さん
ツヅミ >>
ロ賁フKy@ニ|ヒy@方ー⊂レヽぅー⊂、白レヽ壁y@屋敷y@ぇ斤<Iニぁゑ可愛レヽ店か。
ぁy@ヶ─≠屋Iよ、レヽちι″<y@勺儿├も美ロ未ιレヽy@ι″ゃξ″。ぉ勧めι″ゃ。
ξれIニι乙ももぅノヾ∠~丿勺ィ~丿y@言舌是頁ー⊂Iよ、気y@早レヽ言舌ι″ゃy@ぅ。

■ 調剤薬局 ■
≫ロロム(403)さん
 突然襲ってきた強いイメージに、抗う術もなく精神が押し流されてしまう。

ツヅミ >>
うおう、海!? なんじゃこれはー! 津波かーっ!!
……あれ。いや、海にしては音が聞こえぬような……。
穏やかではないのに、とても静かな様子で……、ぬおお……!?

 ふわっと、身体が軽くなった気がした。
 瞼が開く。視界の先に、不思議な色彩配置の帽子を被る少女を見つけ。

……う、む。ロロム殿……? ああ、確か薬局に来たのじゃったな、儂は。
……確か、腹痛の薬を貰いにきたはずなのじゃがな?
おかしいの。なぜか、もう痛くもなんともない。

 先程見た夢のような風景はいったい何だったのか。頭が霞んで、よく思い出せなかった。

アマリア(931) からのメッセージ >>
■  レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】  ■

アマリア >>
す、凄い…!
攻城戦に劣らないくらいの戦いが繰り広げられてる…!
さすが一揆に参加してる人たち!

アマリアは、枕投げ合戦が始まった部屋の隅で邪魔にならぬよう
細心の注意を払いながら、その様子を眺めていた。
…が、

アマリア >>
――わ、ぷっ

何処かから投げられたらしい、軌道を外れた枕が顔面にクリーンヒットし、
そのまま布団の上にばたんきゅー した。


>ア華ネ(1733)

アマリア >>
怪談話…!?
アマリア >>
コイバナも気になるけど…
ア華ネさんのお話も聞きたいな!
アマリア >>
季節外れな気がするのは、気にしない!


>ベル(1107)

アマリア >>
ポッキー!
アマリア >>
…とは?

知らなかった。

アマリア >>
うーんとね…
アマリア >>
夜遅くに食べると太りやすくなるって、前に言われたことがあるよ

さねいま(991) からのメッセージ >>

■  レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】  ■

謎の妹 >>
ヒーホー!!
しいよみ >>
ヒッヒホー!!
きねふみ >>
うるさい
さねいま >>
Zzz...

二人ともすっかり目が覚めてしまったようだ
が、周囲が騒然とする中鵐は相変わらずぐっすりと眠っている


>枕投げ
謎の妹 >>
行くぜ! 秘奥義『まく乱舞アルカンシエル』!!
きねふみ >>
無数の枕が七色に輝いて部屋中を飛びまわってる…

>コイバナ
きねふみ >>
なるほど、「あててんのよ」…
(自分の胸を見る)
きねふみ >>
ちくせぅ…ちくせぅッッ!!
きねふみ >>
え? あぁ…ボクこう見えても女なんですよ
きねふみ >>
ぺったんこですけど ぺったんこですけど!!

何故か知らないが勝手に打ちひしがれている


>男同士の行き過ぎた友情
しいよみ >>
ほほう その言葉に反応するとは…
お主には「素養」を感じる…
しいよみ >>
そうじゃの
例えばブランチマン×ラケルトというものでは
やる気の無いラケルトにブランチマンが喝(意味深)をいれたり

男部屋の空気がまた冷えたような気がした…


―◇―


>>アムル(118) さん
謎の妹 >>
本来アレは普通の人に食べさせたらアカンやつですからね
今度から気をつけてくださいね

ペル(1008) からのメッセージ >>
■ レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】 ■

ペル >>
びっくりしたウサ〜‥‥これがぱじゃまぱーてぃウサ?
すごいウサ!おもしろいウサ!

枕の下敷きになりつつも耳をピーンと伸ばし目を輝かせているような。
でもそんな暢気な事を言っていると

<ぼっふぼっふ

と、追加の枕が飛んできました。
どんどん拡大していく枕投げの影響で流れ枕も激しさを増している気がします。

耳の生えた枕山 >>
どんどんまくらがとんでるウサ〜

耳の生えた枕山 >>
‥‥ウサ?うごけないウサ?

ペルチェは数個の枕にすっかり埋もれて居たのでした。

ヴァルト(1038) からのメッセージ >>
本日の提げ看板:※それでは パジャマパーティをお楽しみください※

**パジャマパーティin男部屋**
ヴァルト >>
あ、あの様子ならハディートくんの心配は不要だろうな。
それはそうと、ノンストップで突っ走る人たちだな。
冷めた紅茶で喉の渇きを潤しつつ様子見です。
ヴァルト >>
それはそうと、他の人たちは……
ふと改めて室内を見回すと、部屋の隅で一杯引っ掛けてる人たちに気づく
ヴァルト >>
ああ、居るには居るのか……


**************

>ネルケさん
ヴァルト >>
ええ、構いませんよ。
ヴァルト >>
あんまり深夜遅くとかで無ければ、ほぼ常に開けておりますので。
ただ、依頼して頂く方が有難いのですが、と苦笑を零す。

ベル(1107) からのメッセージ >>
【レッツ、パジャマパーティ!】
ベル >>
格好いいオス、かぁ…
ベル >>
うーんあまり考えたことがなかったけど…
ベル >>
まあやっぱり、強いと格好いいんじゃないかな
ベル >>
そういう意味では、確かにあのサングラスや、鎧は強そうだ

ポポロと同様に、『格好いい』についてはよくわかっていないようだ

ベル >>
あっでも良いメスの基準なら知っているぞ
ベル >>
おっぱいが大きいことだ(どやぁ)
大きいやつがアイドルって人気者になれるんだから、間違いない
ベル >>
…私はもっと成長するから、今はいいんだ


ベル >>
うん…?異世界の言語、なのか?
ベル >>
他の世界からきたやつの言葉でも、なんとなくわかることが多いんだけど…
あれはさっぱりだ。暗号なのか?

ロベリィのガールズトークはベルには理解できなかったらしい



>ヴァルト
ベル >>
すらすらとは言いにくいけど…
ベル >>
大丈夫だぞ、心配するな!
私にかかればこの程度の発音、よゆーだぞ、ヴぁぇると!

『バ』と『ヴァ』の使い分けができていないようだ

ベル >>
そうなんだ…自分のジョーシキってやつにとらわれちゃダメみたいだな
ベル >>
バァルトが作るものって、そういうちょっと普通じゃない素材を使ってるの?

>ア華ネ
ベル >>
そうなんだ…ややこしい
ベル >>
上下で意味が変わるなら、当然横とか斜めもあるはず…
ベル >>
なるほど理解したぞ。角度によって意味が変わってくるなら…
すごくいっぱいパターンありそうだな(どやぁ)
ベル >>
うん、確かにこのタロットの絵、見てるだけでも楽しい
ベル >>
でも狼のカードがないのはおかしい…
ベル >>
………追加したらどうだろう?

ベル >>
へえ…赤い花、かぁ
ベル >>
そっか、だから花壇に花を植えたりしてたのか
ベル >>
さりげなく自分の縄張りを増やしていくなんて…やるじゃないか

違います

ベル >>
私の名前には、とある世界では鈴という意味があるらしい
ベル >>
綺麗な音がする物だって、言ってた

自称社長(1475) からのメッセージ >>
■ 魁!パジャマパーティ【男部屋】  ■

社長 >>
分かってるねマキリくん!
この"溜め"からの"見開きドーン"だよね!

社長は嬉しそうに、ページをピラピラとめくったり戻したりを繰り返している

社長 >>
わしとしては"袋とじ"も捨てがたいね
いや拾った段階で空いてたから、正しくは袋とじじゃないんだけどさ
社長 >>
この煽り文で煽っておいて……!
ワクワクして袋とじを開けてみたら……!

意外とそうでもない!
社長 >>
この落差ね! 諸行無常を感じるよ……
これがあるから、後のページで取り戻そうと頑張って読むんだ……

社長は悲しそうに、袋飛じをピラピラとめくったり戻したりを繰り返している


社長 >>
気に入ったなら好きなの1冊持ってちゃいなよ!
5冊もあるからね! 遠慮はいらないよ!
ただし1冊だけだからね!

と言って、「どうぞ」とマキリに好きな本を選ばせている。

(社長のエロ本:残り4冊)



>>ハディートくん

社長 >>
(くっ……手強いな……!)

エロ本を見ても平然としてるハディートを見て、社長は奥歯をギリリッ!と噛んだ
恐るべし、性的知識0な子よ…!


社長 >>
(かくなる上はわし自らおっぱいの魅力について力説を……!)

と、起立するも―――

社長 >>
(あっ、なんかめっちゃ睨まれてる気がする……。怖い……)

と、バアルの視線を感じて即座に着席。


どうにかしてハディートを安全に汚す術はないかと、社長はしばし思考。
結果、ろくでもないことを思いつく。

社長 >>
そうなんだよ! それ人間の図鑑なんだよ!
ハディートくんも一冊持っていく? 色々と勉強になると思うよ
まだ3冊もあるから、1冊ぐらいなら自由に持って行っていいよ

未来へ爆弾を残す作戦だ!

(社長のエロ本:残り3冊)



>>サイネル

社長 >>
おや、君はサイネルくんだっけ?

遅れて部屋に入ってきたサイネルに声を掛ける。
サイネルの顔は知っていたが、こうして話すのは始めてた。

社長 >>
君もこういうのに興味はないのかい?
みんな枯れてるねぇ……

サイネルとの初会話がこれになる。

社長 >>
それともむっつりって奴なのかな? ムフフ・・・
お近づきの印と言っちゃなんだけど、まぁ良かったら読んでみてよ!

と言って、エロ本をテーブルの上で滑らせた
それはサイネルに向かっていく。

(社長のエロ本:残り2冊)

繰り返すが、これがサイネルとの初会話になる。



>>飴造

社長 >>
飴造さんもあっさりしたもんだねぇ……

と興味なさげな飴造を見て。

社長 >>
それとも、あの猫ちゃんの……ラゼルちゃんだっけ?
"そういう"のが飴造さんの趣味なのかい?
社長 >>
い、いやさ、そういう趣味の人がいるのは知ってるからさ、
否定はしないよ……

「でも人間にはもう少し興味を持ったほうがいいと思うよ……」と言いつつ、
社長は飴造にもエロ本を滑らせた。

(社長のエロ本:残り1冊)

「確かケモナーっていうんだっけ…?」と社長はなにやらゴニョニョ言っている。
変な誤解をしているようだ。

社長 >>
っていうか、飴造さんとラゼルちゃんってどういう関係なのさ?

素朴な疑問。
オッサンとお利口さんの猫というのは、傍目から見るとなかなか興味を惹く組み合わせだ。



>>ウォルト君

社長 >>
(ははぁん・・・!)

こちらの様子を伺っているウォルトを見て、社長は彼がむっつりであると判断したようだ。

社長 >>
わかってる、わかってるよウォルトくん
君が本当に欲しいのは"コレ"だろ?

と言ってエロ本をチラリと見せる。

社長 >>
確かに、我々は紳士でなければならない。
特に、この女性が多いタンポポ荘ではね……
社長 >>
でもね、我慢のしっぱなしは心の毒なんだ
エロ心ってのはさ、小出しじゃダメなんだ…!
やるときゃきっちりやった方がいい。
社長 >>
その方がより紳士的であれるはずだよ!

「だからコレを受け取りな!」と言いながら、社長はエロ本をウォルトに滑らせた。

社長のエロ本:残り0冊

社長 >>
(あっ…わしの分がない!!)





以下、いつものタンポポ荘

>>ルイーズくん

社長 >>
あぁん…ひどぅい……

ルイーズに雑な対応をされる。
しかし、「可愛い女の子に雑に扱われると、少し興奮するのは何故だろうね…!」と、社長は少し嬉しそうにしている。

社長 >>
我ながら5戦目のSEEDはラッキーだと思ったけどね、
6戦目でついに負けちゃったよ……
でもおっぱいに負けたから悔いはないんだ……

6戦目の相手が全員女性かつ、全員スゴイおっぱいだったんです。

社長 >>
次の相手はシャルロッテちゃんのところなんだよね。
まったく、顔見知りに遭遇率が高いの何の。
社長 >>
シャルロッテちゃんも、ルイーズくんと同じく『剛毅』持ちなんだよね。
ルイーズくんに苦しめられた経験を元に、対策を立てて頑張るよ。
ソレを見せて7勝目を上げて、有終の美を飾り、闘技場終了といきたいところだよ。
社長 >>
(あとシャルロッテちゃんのおっぱいタッチも頑張りたいね!!)

と思ってるのはここだけの話。




>>ア華ネちゃん

社長 >>
マジデッ!? そんな凄いのあるの!?
やるやる! 是非やるッ!
社長 >>
なるほど……それには気合いが大事だと……

社長は数回屈伸を行い、次に肩を回しだした。
スポーツ選手が行うウォーミングアップのように見える。

社長 >>
ちょっ〜〜と待っててね、
今ありったけの、気合いを、込めるから!

今度は手首をブラブラさせながら数回軽くジャンプ。

社長は体が解れたのを感じると、今度は、息をゆっくり大きく吸い込み

社長 >>
フゥー……

と大きく吐き出す。

ここだけ見れば、達人のソレに見えたかもしれない。

社長 >>
よし…準備OK……!
願い事を言いながら、カードを引くんだったね…?

社長は気力十分といった顔つきカードの前に立つ。

そして

社長 >>
では……

と言い、以下の願い事を叫んだ。

社長 >>
美人で! 可愛くて! 優しくて!
社長 >>
料理が上手で! 働き者で! おっぱいが大きくて!
社長 >>
さらに働かないわしを笑顔で養ってくれる!!

理想の高さ、エベレストマウンテン

社長 >>
そんなお嫁さんが、わしは欲しい!!!

カードを引いた!

1D78 = 32 ( 32 ) 1D2 = 2 ( 2 )

ルイーズ(1690) からのメッセージ >>
レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】 

ルイーズ >>
ピア殿がお花だった…?
よくわからぬが、2人はそういう関係だったのか
しっかり、アルムさんのお茶と羊羹をいただきつつ話を聞いている

ルイーズ >>
なるほど、こういう場での怪談も定番なのじゃな?
コイバナよりもハードルは低そうじゃの
時おり飛んできた枕を投げ返したりもする

ツヅミが中心になってサイコロを振り始めた一角なども気になって
しばらく興味深く見ていたが

ルイーズ >>
さて…
大部屋にいる楽しげな面々を、もう一度見回してから
満足したようにそっと席をはずしたようだ

タロットリーダーア華ネ(1733) からのメッセージ >>
ア華ネ >>
・・・図書室が、欲しい。

隅のテーブルで本を読んでいたア華ネが、唐突に妙な事を言い出した。
ア華ネ >>
読み終わった本。みんなで、持ち寄って。
誰でも、借りれるように、するの。
ア華ネ >>
お小遣い、少なくても。色んな本、読めるし。
読後の、感想。話し合うのも、楽しい、かも?
ア華ネ >>
本棚、テーブル、椅子だけの。小さな部屋でいいから。
ポポロさん。作ってくれない、かなー・・・(ちらっ)。

■ 調剤薬局プロゼルピナ ■
ア華ネ >>
(今、ふと思ったけど。
腐海の苗床になった、王蟲って。
巨大な冬虫夏草、だよね。)
ア華ネ >>
むむっ。ガラス瓶で、という事は。水耕栽培?
マンドラゴラの、水耕栽培なんて。世界初の試み、かも。
ア華ネ >>
そういえば。昔は不可能だった、根菜類の水耕栽培。
今では、可能になってるって。聞いた事、ある。
(マンドラゴラも、根菜類だよ、ね?)
ア華ネ >>
マンドラゴラの、根の。成長過程とか。
ガラス越しに、観察できたら。快挙だよ。きっと。

「まずは発芽させなきゃ」と、湿ったスポンジの上に種を並べている。
ア華ネ >>
んっ。・・・これが・・・重さが無くなる、薬。
ダイエット☆マイスター。
ア華ネ >>
これさえ、飲めば。超ハンマーな、私も。
白魚のように、スイスイ。泳げるように、なる?
くっふふ。ふふふ、ふ・・・。

次回、温水プールで使う気満々の様子である。

■ レッツ、パジャマパーティ!【女部屋】 ■
ア華ネ >>
他人が聞いて、怖いかどうか。微妙なのだけど。
その時の私には、ものすごい恐怖だった。
これは、私が。中学生だった頃の、話・・・。

ア華ネは、マンションのエレベーターで得体の知れないものに会った話を始めた。

(この話。思ったより長文になってしまったので、続きは日記の方に載せてあります。興味のある人は読んでみてくださいね。)

>ツヅミ(882)
ア華ネ >>
うん。チンチロリンの事は、よく知ってる。
坊主頭の、いかつい男たちが。刑務所の中で。
タバコを賭けてする、危険な遊戯、だよね。

オレオとクリームチーズのトリュフを口に運びながら、ドヤァという顔をしている。
ア華ネ >>
でも、物やお金を賭けたら。怒られちゃう、のか。
・・・となると。負けたら、せくしーぽーず、とか?
ア華ネ >>
ともあれ。サイコロを、振る。
こう見えても、私。勝負事には、強いし。

ア華ネは「えい。」と緩い気合をかけて、茶碗の中にサイコロを投げ入れた。
  1D6 = 2 ( 2 ) 1D6 = 6 ( 6 ) 1D6 = 1 ( 1 )

>ルイーズ(1690)
ア華ネ >>
・・・! ルイーズさん。蛇の着ぐるみパジャマ。着るの?
着てくれたら、サスケが喜ぶ。お仲間が出来た、って。

古ぼけ毛羽立った大蛇のヌイグルミを、ふるふる振って見せている。
ア華ネ >>
・・・サスケは、私の。守り蛇なんだ、よ。
悪い夢を、食べてくれるの。

■ sumicco スミッコ タロッコ tarocco ■

>ツヅミ(882)
ア華ネ >>
・・・! 五芒貨の属性の、「地」は。「地中」という意味では、なくて。
エンブリオの持つ、エレメント属性だと。そういう事、なの?
ア華ネ >>
私も、それは考えつかなかったなー。うむむ。
つまり、地属性のエンブリオが。シッポを持ってる・・・?

ツヅミから丁重に礼を言われ、少し照れくさそうな様子である。
ア華ネ >>
あ、そうそう。失せ物捜しの時の、私の癖で。
小アルカナ属性から、入っていったけど。
カード自体の、解釈も。軽く、しておくね。
ア華ネ >>
修行して、腕を上げた職人。それは、つまり。
「努力は報われる」、という事。
ア華ネ >>
ツヅミさんの、シッポ捜しの旅。
苦労はするけど、上手くいくと思う、よ。

>モノ(2549)
ア華ネ >>
ん? ネビュラさん自身にも、関わる問題?
なんだか、事情がありそうだけど・・・。
ともあれ、カードを見てみる、ね。
Eight of Wands
「棒の8」 (逆位置)
雲ひとつなく、美しく晴れ上がった青い空。
その空の上空を、8本の棒が規則正しく、並んで飛行している。

ア華ネ >>
・・・いったい全体、どういうシチュエーションなの? この光景。
このカード見るたび。いっつも、不思議に思う。
ア華ネ >>
それはともかく。このカードが、意味するのは。
ある地点へ向かって「進む」、という事。
ア華ネ >>
つまり、問題は解決に向かう、と解釈したい。
・・・もしこれが、「正位置」であれば。

ア華ネは指先で、くるりとカードの向きを変えた。
ア華ネ >>
「逆位置」で、出てる以上。残念ながら・・・。
その問題は、当分。解決しないって、解釈になる、ね。
ア華ネ >>
それと、このカードには。人物がひとりも、出てこない。
これは、事態が人為的には。操作できない事を、暗示してる。
ア華ネ >>
簡単に、まとめると。今は、じたばたしても、どうにもならない。
状況が、好転するのを。辛抱強く、待つのがベター?
ア華ネ >>
・・・なんだか、微妙な結果に、なってしまって。
せっかく占ってくれたのに。ごめんね。

ルー(2483) からのメッセージ >>
■花壇
ルー >>
わあシクラメンだ、シクラメンが植わってる! かわわっ
ルー >>
シクラメンに合う花って言ったらやっぱこれかな?
ルーはシクラメンの合間にスイートアリッサムを植え付けました。

モノ(2549) からのメッセージ >>
>>>レッツ、パジャマパーティ!in女部屋>>>

ネビュラ >>
酒が旨い!美味い!うーまーい!
イチゴの甘みにアルコールの部分が絡みつく旨さだッ!

忠告も聞かずに酒をぐびぐび飲んでいる。となると、当然。

ネビュラ >>
うまー…あ…ほにゃ…ぁら?あふん(ぼすっ)

酔ってしまったのか、布団の上にぶっ倒れる。すると、

ネビュラ? >>
ほにゃあ…コイバナれすかぁ…?わたしはですねぇ〜…

昔、困ってたところを…ある男の人に助けてもらいまひて〜…♪
それから一緒に暮らしてるうちに、ね〜…
これが「運命の人」ってやちゅでしゅかねぇ〜…♪えへへ、恥ずかしぃ…

でも…今どこにいるかわかんなくて〜…うぅ〜…ぐすぐす…
うわぁ〜ん…

突如として声色が甘ったるくなり、恋話を撒き散らし始めた。
しかも泣き上戸だ!近づくとパジャマで涙を拭かれるかもしれないぞ!


>>>in男部屋>>>

モノ >>

相も変わらず置物状態である。もうコイツ外に置いといていいんじゃないかな。

モノ >>
…気温、3.6度低下…

物理的に下がっていたらしい。

モヒカンザコニスイ(2581) からのメッセージ >>
※ 数日前 ※

ニスイ >>
あ、どーもっす。今日からここで寝泊まりさしてもらいます。
 けなりき にすい
毛七力 冫っす。よろしくお願いしまーす

礼儀正しく一礼。
だが膝が笑っている。乗り込んでくる際にかなり肝を冷やしたらしい。
ヒャッハー言うのすら忘れるほどに。


■ 魁!パジャマパーティ【男部屋】  ■

青い浴衣と鉢巻ネクタイ。
宴会芸でもやりそうな格好でふとんに寝そべりながら酒を飲んでいる。


>自称社長(1475)

ニスイ >>
甘ぇぜ社長

これまで部屋の片隅で黙って酒を呑んでいたがここで立ち上がった。

ニスイ >>
昔のえろいひとは言った。
「おっぱいをのぞく時、おっぱいもまたこちらをのぞいているのだ」

ぐっと手を握り力説する。この話題の真の危険について。

ニスイ >>
女って生き物はおっぱいへの視線にやたらと敏感だ。
今日のこの話題を踏まえ視線を向けてみろ……筒抜けだぜ?
ニスイ >>
特に童貞の社長には荷が勝ちすぎる。
悪いことは言わねえ……この辺りで手を引いておけ。
というわけでこれ貰っておきます

語りながらさり気なく回収したエロ本を一冊、懐へとしまう。



参加キャラクター : 70名

ENo.5 ポポロ・ダンドリオン上谷七人
ENo.6 ピアンタ・ディペントーラ一色恋
ENo.21 ルイン・ハーコードありたヤギ。
ENo.40 Amnesiapupils
ENo.50 レーネフィア・ディ・ステラ空木
ENo.55 シャルロッテ・フレワーズ河廣円
ENo.81 霜月 雪華 & 霜月 銀弥
ENo.83 ミモザ=ブルーメンタールタカミ
ENo.104 [p:Nereis]万已楽イシュリン
ENo.116 Rusty.Nail.De.Cat猫柳うなぁ
ENo.118 アムルりの
ENo.130 オフィーリア=クォリスれてぃ
ENo.143 エリア・クルースニクれい
ENo.154 ネルケ・ヴァイスローザRubel
ENo.169 ロベリア・チューベローズつきな
ENo.202 隼人韮の雑草
ENo.234 クロエ・シャリエールリコ
ENo.235 CS/Fine Jack緑もやし
ENo.266 月夜霊 千雫エクロウレ
ENo.280 クーリア・ヘリアンサスメイパー
ENo.289 ハディート・クロウリーディアボロス
ENo.329 望月雪菜箱舟みかん
ENo.380 X睡眠男
ENo.381 木下寿美へりこ爆太
ENo.384 エステル・オーロラオーラエルミィーネ
ENo.403 ロロム=リムレットぺんぺんみさ
ENo.428 クリスタル・カレランメイト
ENo.463 エリュテイア・ロートレックくろあ
ENo.465 ギラ・ヴェルナーつヴぁるす
ENo.493 薬屋 飴造の〜ねえむ
ENo.500 涼夜 頼代yky
ENo.556 シトロン=アンブランシュエクス
ENo.595 ビス・デアス・ノナウムスBis
ENo.603 アレクシス・マクリオンおおた
ENo.620 雀ろくばつ
ENo.732 稲葉 舞兎コウヅキ
ENo.747 ニール・キャスケット俵井あせり
ENo.773 オリヴィアt-87
ENo.860 アリシア・イーユスもぬもぬ
ENo.861 ジャンルカ・ベルトッドシノサキ
ENo.882 夢狐 鼓朔月
ENo.931 アマリア=フロルマーシュ姫桜
ENo.952 メープルなおすけ
ENo.970 ジャック・ザ・ブックワームKonezumi
ENo.991 鵐 恠眞白銀
ENo.1008 ペルチェ未知
ENo.1016 東雲水音きく
ENo.1038 ヴァルト=ヴィントシュティレMOTISMA
ENo.1107 ラドゥベルガりゅい
ENo.1151 十六夜 生駒BK
ENo.1270 レニングラードと名乗るなにかみかぜ
ENo.1300 アンジェリカ・エスカリオーネ番傘
ENo.1335 エシャロット=グレイス死神ミュウ
ENo.1390 ちこりさも
ENo.1464 ショコラッタ=ビタービーツなしろ
ENo.1475 畑羅木 卓内働きたくないマン
ENo.1504 早乙女 二愛プララ
ENo.1572 サヨイクジラ
ENo.1610 ユーリィー・プロケル海豚
ENo.1690 ルイーズ・カシス忍冬
ENo.1733 曲辻 ア華ネ花麒麟
ENo.1824 妖人形Yaturcrows
ENo.1958 享楽深淵
ENo.1962 シュヴァート ウント シュロストゥルムここんと
ENo.2047 朝霧浩之ナナシン
ENo.2378 ココア・グラサージュココア
ENo.2483 ヘンルーダ=フィッセルいちかわ
ENo.2549 モノリス・モノアイズつっきー
ENo.2567 ショコラ・グラサージュショコラ
ENo.2581 毛七力 冫soku